がん治療(高濃度ビタミンC点滴・免疫療法)

高濃度ビタミンC点滴との出会い

まず初めにがんと診断された方へお伝えしたいのは“頑張らない。でもあきらめない”ということです。

大学病院で診療していたときは、「もう使える抗ガン剤は無いんだよ。」とか「もうできる事は無いんだよ。痛みのコントロールをして、長く入院できるところを探そうね。」と言っていました。

それしか知らなかったからです。

開業準備中、点滴療法研究会 代表であり私の学生時代の恩師であるの柳澤先生から「埼玉県に高濃度ビタミンC点滴を行っている医療機関がない。塚本先生になら任せられるし、埼玉で第1号になってくれないか?」と声をかけていただいたのが始まりでした。
しかし開業してすぐに点滴ができるようになったわけではありません。
半年間、柳澤先生のもとで、研修し、認定を受け、そこで初めてできるようになりました。

柳澤先生とは密に相談し、当初と変わらず今も効果重視で行っております。

現在、高濃度ビタミンC治療にたずさわる医師は経験年数も専門もまちまちです。
高濃度ビタミンC点滴はデリケートで、血中濃度のコントロール次第で効果に差がでてしまいます。

安かろう悪かろうは良くない結果を引き起こしかねません。

医療機関選びは是非慎重にしてください。選ぶポイントとして、柳澤先生が会長をされている、点滴療法研究会のホームページをご覧ください。
点滴療法研究会所属の医師が在籍する医療機関の一覧がのっています。
そちらの先生方から選ぶことをお勧めしています。

https://www.iv-therapy.org/

血中濃度のコントロール、ここが腕の見せ所です。
一見簡単そうに見えますが、経験がものをいう治療法です。

長年携わってきていると、いろいろな悩みや症状にぶつかります。
その都度、柳澤先生はじめ、いろいろな先生のアドバイスを受けました。

最近では、アドバイスをする側になりました。
しかし、まだまだ、勉強です。一人一人個性があるように、ガンもそれぞれ。生活習慣もそれぞれです。同じことをやっていれば、同じ結果になるわけではないので、奥が深いものです。

もう1つ、この治療法との出会いに運命を感じたことがあります。
開業直後、忙しく飛び回っている父を捕まえて、自慢のCTで肺の検査をしました。
すると、肺がんを見つけました。初期がんでした。
がんセンターに紹介し、信頼できる医師と出会い手術をしてもらいました。幸い、全部取れました。

しかし、ヘビースモーカーだったので、手放しでは喜べません。

そこで高濃度ビタミンC点滴と免疫療法を開始しました。傷の治りも早く、社会復帰はあっと言うまという印象でした。
それから9年、予防的投与に切り替え、再発もなく元気に仕事をしています。
何もせず、時間が過ぎるのを待っているよりは、点滴していた方が自信になるなと言っています。

がんに限らず、早期発見、早期治療は重要です。それを改めて感じ、家族としても歯がゆい思いをしなくて済んだので、よかったと思っています。

勇気をもって検査を受けましょう。

万が一、がんだった場合は信頼できる医師を見つけ、相談しながら治療しましょう。

頑張りすぎると続きません。だから頑張りすぎない。でもあきらめない。

高濃度ビタミンC点滴ついて

なるべく 早い段階での来院をお願いします。

知ってたけど、抗がん剤中だったからとか、もう使える薬がないって言われてしまったなど厳しい状況になる前にご相談ください。
よくあるケースでは、高濃度ビタミンC点滴のことは知ってたけど、最後の砦だと思ってた。もうできる事ないって言われたから来た・・・とおっしゃる患者様。

高濃度ビタミンC点滴は体に優しく、しっかり使えばとても良いものです。
しかし魔法の点滴ではありません。開始時期が遅ければ、治療域に達しないまま通院ができなくなってしまうこともあります。

検査で点滴ができるとわかっても、いきなり治療量を点滴できるわけではありません。
濃いものに体を慣らすのに、数回かかります。
そしてやっと治療量が入れられるのです。

慣らし期間のコントロールも大切です。患者さんの様子でビタミンCの量を決めます。

なので当院の料金はビタミンCの量で変動するのではなく、1回治療代と考えております。

私が考えた、その時その時の変化に合わせてコントロールできるシステムです。

高濃度ビタミンC点滴を始められる方は、院長のビタミンC点滴相談を電話で予約してください。
なるべく直近でお取りしたいのですが、1日おひとり様のみをお受けしております。
そのため、2週間ほどお待たせしてしまうかもしれません。
その際は大変申し訳ございません。

高濃度ビタミンC点滴について詳しくはこちら>>

あいあいクリニックを受診するには

診療のご案内

クリニックブログ

リンク

  • Topへ