漢方診療

漢方診療について

当院では、風邪、冷え症や花粉症といった体質的疾患に対して、漢方治療による診療も行っています。
使用する漢方は、すべて品質の安定しているアルミ包装のエキス剤(顆粒状)です。
これらは、保険適応となっています。

漢方でオーダーメイド医学を実践

京都大学の先生が行った興味深い研究をご紹介します。
簡単に説明すると、大学生(20代の健康で体力のある若者たち)を20人ずつ3つのグループに分け、それぞれ、風邪をひいたときの対処法を指示したものです。

1. 総合感冒薬グループ

2. 未治療グループ

3. 漢方薬グループ

なんと、3番のほうから、治りが良かったそうです。
もちろん、そもそもが、若くて健康な人たちなので、2)でも良くなるとは思いますが…。
当院では、風邪の症状と、個人の体質に合わせ、千差万別の処方で対処しております。
オーダーメイドが身上の漢方薬の使用により、オーダーメイドの医学を実践いたしております。

漢方の効果は遅くなんかない

よく、巷で誤解されがちなのは、「漢方薬はすぐ効果が出ない」ということですが、実際には、そんなことはなく、花粉症に使われる小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などでは、服してから“分”の単位で効果が出ることが学術的に証明されています。ただ、処方と体質によって効果がマイルドで、実感が得られにくい場合や、体質改善に時間がかかる人がいるということです。

注目を浴びている漢方療法

漢方は6世紀に中国から日本に入り、その後日本で独自の発展を遂げた医学です。
しかし、時の明治政府が国の方針として、西洋医学を学んだ者のみを医師に認定した影響で、一時は影を潜めました。一方、その後も多くの医師たちが漢方医学を発展させ、治療を行ってきたことも事実です。
最近は、漢方の良さが広く再認識されており、大学の医学部の講義でも必修科目になってきました。
それに漢方は、決して西洋医学と相反するものではありません。むしろ、西洋医学的な手法を存分に活かすなかで漢方治療を受けていただくことも可能です。

院長自身の漢方体験

私自身、漢方薬で2度、体質改善をしています。 まずは、腰痛。研修医時代に腰を痛め、当直明けなどは、びっこを引くまでになっていたのですが、先輩医師に勧められ、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)をのんだところ、その場でももの後ろ側がふわ~っと温かくなって、あの不快な痺れと痛みがすう~っと無くなっていったのです。以後、2週間はまじめにのみましたが、やがて忙しくてのみ忘れても痛みが出てこないので、自然にのまなくなり、そのまま治ってしまいました。わずか、2週間の体質改善です。
もうひとつは、学生時代からの花粉症。
目が悪く、コンタクトレンズを使っていたら、やはり年々症状が悪化して、とうとう未治療ではいられなくなりました。そこで一念発起、小青竜湯で花粉症を治療しました。花粉シーズンに抗アレルギー剤と漢方を併用して治療したところ、5~6年が経過したところで、ほとんど症状が出なくなりました。
こちらは、5~6年の体質改善です。
花粉症の例でもそうですが、西洋医学とはまったく異なる方法論で治療するので、その相乗効果が望める場合が多いようです。
抗アレルギー剤は、眠気の副作用。小青竜湯は、覚醒作用があります。併用することで、副作用を相打ち消し合い、効果のみが相乗していくわけです。
私が、併用療法が好きなゆえんです。

がん治療における漢方療法について

長い歴史を誇る東洋医学による漢方療法は、まったく独自の治療体系において、がん治療における相当の成果を積み上げてきています。
独特の風味をもつ製剤を飲むことができれば、多くの方が漢方薬の効果の恩恵に浴せると思います。
当院でも、手術の後遺症や、いま受けている治療の副作用で苦しんでいる方が、また、がんによって低下してしまったQOL(生命と生活の質)が、漢方薬で劇的に改善しています。
漢方薬自体の抗がん作用については、西洋薬のような研究結果は出ていませんが、その一方で、末期がんと診断された方の驚異的な長期生存例や、がんの治癒例の報告もあり、その可能性は、測り知れません。
当院では、漢方診察を通して体質を診て、保険診療の範囲内で漢方を処方いたしております。
まずは、院長にご相談いただければと思います。

あいあいクリニックを受診するには

24時間受付 簡単ネット受付

診療のご案内

クリニックブログ

リンク

  • Topへ