電話する

エイジングケア

エイジングケアについて

当院はエイジングケア外来を開設し、皆様の心身の不調を解消し、健康的な身体づくりを実現していくためのお手伝いをいたしております。

エイジングケア外来とは

エイジングケア(抗老化)とは、従来の「すでに罹ってしまった病気を治療する医療」とは異なり、健康長寿(健康的に長生きすること)を目指した究極の予防医療のことを指します。
人は加齢、栄養・運動不足、栄養過多、ストレスの蓄積などによって、免疫力や細胞機能等が低下し、動脈硬化やがんのような、加齢および生活習慣に関連した疾患を発症することがわかっています。
私たちは、このような病的な老化(劣化)を予防・治療することで、一人ひとりにとって最良の健康状態を保ち続けるための医療を提供していきます。

贅沢ビタミン点滴

内科的プラセンタ注射

栄養分子矯正療法

IgG遅延型食物アレルギー検査


老化の定義

加齢は、齢(よわい)を重ねること、すなわち生理的現象です。齢を重ねることは、精神の成長をもたらし、そして精神は際限なく成長していきます。ですから、加齢は精神の成長を意味し、良い生理現象とも言えます。
しかし、老化は加齢にともなって起こる身体の不具合です。老化は疾病と同じで、これを予防し治療することで、加齢に伴って起こる身体の不具合を改善することが可能となってきています。老化を予防し、起こるであろう身体の不具合を防ぐ――それが、抗老化医学なのです。

抗老化医学の要諦

  • 1. 事故に遭わないこと
  • 2. 病気にならないこと
  • 3. 死なないこと
  • 4. 興味を失わず、何事にも挑戦し続けること

よいものを食べ、よい水をのみ、適度に運動し、休息をしっかりとること。そして、ストレスと上手に付き合うことで、もっとも自然な抗老化が実践できます。

抗老化医学の手法

抗老化は、日々の効果を求めません。たゆまぬ継続が結果を生むのです。

  • 5年後に5年前の自分と較べて、変わっていないか?
  • 10年後に友人とくらべて、若々しくいられているか?
  • 20年後に病気をせずに、健康に暮らせているか?

――それそこが、抗老化です。

当院の抗老化医学では、以下の手法を取り入れております。

1.抗酸化

各種ビタミン、ポリフェノール、メラトニンなど、自分に合った種類のものを、適切に摂取することがポイントです。
また、体内に蓄積した重金属類を解毒しておくことは、後年の健康に必須です。

2.免疫力の強化

マイクロミネラルやアミノ酸の強化やバランス補正。

リンパ球活性化療法、腸内浄化療法など。
3.ホルモンの補正

アミノ酸の強化や補充。不足に対しては、プラセンタエキスやホルモン剤による補充療法。

4.精神の活性化

アロマセラピー、絵画療法、写経、ヨガ、スポーツ、などなど。全てが精神の活性化にとつながっていくことでしょう。

5.外見の維持

内臓が若ければ、外見も若々しさを保ちますが、やはり適切な運動や骨格の矯正、そして紫外線対策などは必要です。

6.新陳代謝の活性化

1~5までを実行した上で、適切な運動や筋肉トレーニングを行うこと。もちろん、筋肉トレーニングの前後では、入念なトリートメントが必要ですが、これらによって、理想的な筋肉、体脂肪比を維持できれば、新陳代謝を活性化させたままで抗老化が実現できます。

医院概要

住所
さいたま市大宮区桜木町2-4-14 アイダビル3F
電話番号
048-650-5005
最寄り駅
JR線「大宮」駅 西口より徒歩1分
診療科目
内科 完全予約制【 こちらを参照の上お電話ください】
休診日
水曜日・日曜日・祝日・最終月曜日午後・第1、第3金曜午後

受付時間表

受付時間 AM PM
9:30~12:00
院長
(月内最終週のみ
有山医師)
1:30~4:00
院長
(第3・月内最終週は休診)
*第1週の月曜は終日休診です
10:30~12:30
院長
4:00~6:50
院長か前田医師
休診
10:30~12:30
院長
4:00~6:50
院長か寺島医師
9:30~12:00
院長
1:30~4:00
院長
9:00~12:50
院長(毎週) 寺島医師(隔週) 隔週2診制

※土曜日は隔週で2診制

休診日

水曜日・日曜日・祝日・第1月曜日・第3、最終月曜日午後

早めの時間帯での受診をお勧めします。予約制なので必ず事前にお電話ください。
048-650-5005

お電話や直接ご来院いただいても、当日は受診していただけない場合がございますので、ご了承ください。

▽主要駅からのご案内

当クリニックには遠方からも多数お越しいただいております。

主要駅からのご案内
  • Topへ